fax送信によるdmの効果と特徴

faxをお持ちになっている方がたまにdmが送られてくるのを体験すると思われますが、送る側からしてその効果があるのかちょっと心配なところがあります。しかし、その効果は低コストで高反応率が得られると言われています。このアプローチ方法は手段の一つですが、fax番号は電話帳などのように公開されていないために、リストがない場合には何らかの方法において収集する必要があります。テレアポによるアプローチで不成功だった場合において「資料を送りたいので番号を教えてほしい」と言えば、ほとんどの法人企業の場合は教えてくださいます、比較的コストが小さく瞬時に大量のものを送付できることが特徴です。効果としては開封される手間の無く、必ず多くの人の目に留まります。そして自由に送信件数を選べ、有益な内容であれば捨てられずにとっておかれるという利点があります。

faxでdmを送信する効果としてすぐに送れる

急にイベントなどを行うことが決まる場合があります。しかし、ほとんど広告を行っていない場合があります。既存のお客さんに連絡をすれば何とか来てもらえそうですが、郵送で情報を知らせたとすると数日かかってしまうことがあります。それだと非常に遅いです。この時に利用できるのが、faxでdmを送信する仕組みです。こちらであれば、送りたいときにすぐに送ることができます。相手の番号さえ分かっていれば送ることができます。郵便なら数日かかりますが、送ったらすぐに相手に届き、内容を確認してもらうことができます。効果としては、イベントに対する反応をすぐに知ることができることです。送ってすぐに参加の希望などを返信してもらうことで、期待度などを知ることができます。期待されているのであればどんどん盛り上げることもできます。事前に準備をすることもできます。

faxでdmを送信する効果は開封率が高い

郵送で広告を送るとき、封筒に入れるときとはがきとではかなり効果が異なります。封筒の場合、封筒を開けてもらう必要があります。興味を持ってもらわないと、封筒さえ開けてもらえません。そのために開封率が下がります。内容を見られないまま捨てられます。その分はがきは裏をちらっと見てもらえれば良いので、開封率は高いといえます。わざわざ開封することはありません。ただ、必要のない書類とのことで、そのまま捨てられてしまうこともあります。必ずしも情報をチェックされているわけではありません。faxでdmを送る場合も、はがきのように封を開ける必要がありません。重要な書類のやり取りをすることに使われることが多いので、何も見ずに捨てられることは少ないです。興味を持ちやすい文言などを入れれば、それに飛びついて連絡をしてくれる場合もあります。